肺癌と闘う父

アクセスカウンタ

zoom RSS 退院

<<   作成日時 : 2006/12/01 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

昨日ガンマナイフ治療を終え、今日の朝、父と母を迎えに行った。

疲れた様子の父だった。
個室だったが、病院ではあまり眠れなかったようだ。
でも顔を見ると、やはりほっとした。

ガンマナイフの効果は3週間くらいででるものもあり、1年ででるものもあるということだった。
月曜、通院中の病院へまた行くことになっている。
今後のことを聞きに行くようだ。
脳の腫瘍の様子を見ていくことになるんだと思う。

昼にはまだ早かったけどご飯を食べに行った。
父がビール1本と日本酒を飲んでいた。
日本酒は良くないと医者から言われたらしく、「あまり飲まないほうがいいよ。」と言ってるのに聞かない。入院中も買いに言って飲んでいたと、母が怒り出した。

出された食事がまずい、と言う父にまた母が怒っていた。
父は自分が作ったらもっとおいしいと、自慢していた。
また自分で食堂をしたい、という願望からだと思い、私は切なくなった。

父がぐずぐず言うと怒って先に出た母だったが、すぐ迎えに行っているのを見ておかしかった。
やはり一番心配しているのは母なのだ。

視力が少し回復してきたと言っていたので、うれしかった。
抗がん剤の副作用だったのかな?

これから良くなる!そう信じている。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
千穂さん☆nanaさん
すごい。ブログってこのような使い方があるのですね。あまりパソコンには詳しくないもので・・・励ましのお言葉ありがとうございます。自分の親が病気になるなんてまるでドラマのようです。ガンマナイフという言葉は初めて知りました。この治療法で視力、味覚が回復すれば本当・・自分の事以上にきっと嬉しいですね。nanaさんの『父が癌とわかったときの気持ちは忘れられません』との言葉。きっと時間が過ぎれば私もそう思えるのでしょうが、私は混乱しすぎなのか最近の自分の気持ちが分からないのです。父は8月末に咳がとまらないので近くの病院へ。10月12日にやっとベッドが空いて大学病院へ入院。検査。検査。検査・・・・もどかしい気持ちが続いて11/1ようやく手術。小細胞癌だと思うと言われてたのですが、非小細胞癌だと手術中に分かったので、肺の方から胸の中心まで背中を開けて癌細胞摘出!!・・・できたら良かったのですが、血管がからみついてて取れず。肺の方も周りへの転移が見られ、リンパへの転移も確認。いっきにステージ3のBです。その日の夜は思い出しただけでも震えがします。人生終わった〜みたいな(笑)
shoko
2006/12/02 09:47
続きです
今から抗がん剤と放射線治療となったのですが、体力がなく(痩せてますので)熱が続き、11/25にようやく一時退院しまして家でお酒飲んだりしてます。今から抗がん剤らしいのですが、不安です。私の気持ちというのはいつも悲しんでいられない!!って前向きになろうとしてても、完治しないという苛立ちや、普段の生活を自分がしていると自分が薄情な気持ちになったり、毎日が葛藤です。来週には再入院して今後の薬の投与の量とかを決めるらしいのですが、本人は今は私には弱音は吐きません。まだハナタレの子供と同じですからね。本当、どうしたらいいか分からないのです。今後の残された母のことを考えてもたまらない気持ちですし、生活のこともありますよね。無力・・・苦しいですね。自分の話ばかりですいません。またお邪魔させてください。
shoko
2006/12/02 09:48
千穂さん、お父様無事に退院されたようで安心しました。お酒が飲める気力と体力があるということは元気な証拠ですね♪実は父もお酒が好きで、病気がわかってからも変わらず飲むので心配ですが、今後どれだけ生きられるかは誰にもわからないし、父に好きなことをしてほしいのでそのへんは母も私も見守っています。ガンマナイフの効果が最大限ありますように…。

shokoさんの混乱や葛藤、とてもよくわかります。私も同じですが、時間が経つにつれ少しづつ現実を受け入れられ、気持ちも浮き沈みを繰り返しながら前向きに考えられる時間が増えてきました。父は告知当初からすべてを受け止めしっかりしていますが、母の衝撃を思うと私がしっかりしなければ…と思ったので。父の闘病期間は1年を過ぎましたが、入院は検査時の2泊とあとは3度のガンマナイフの時だけです。あとはすべて通院で、仕事も続けながら頑張っています。まったく今までと変わらぬ生活を続ける父に様々なことを学び、私の方が励まされています。

これも何かの縁ですね。お互い助け合って頑張りましょう!
nana
2006/12/02 10:14
shokoさんへ

コメントありがとうございます。
混乱する気持ち、抗がん剤への不安よくわかります。
私の父は抗がん剤の治療をしました。
今、脳に転移が見られるものの肺などは抗がん剤の効果が出て消えているということです。放射線もその後受け、脳の腫瘍も小さくなったものの、その後、脳の腫瘍が増え今回ガンマナイフの治療をしました。
抗がん剤の副作用は個人差によって違いますが、私の父は頭が痛かったり気分が悪かったりして味覚障害、視力低下そして髪がなくなり、その頃かなり落ち込んでしまいました。投げやりになったり、母にあたったり。かける言葉が見つからず、私も落ち込んでいた時もありました。
今父は前向きに病気と闘っています。

shokoさんもお父様もこれからいろんなことがあると思います。
どんなことがあっても家族で支えあって闘って下さい。
お父様とshokoさんたちの気持ちが通じ合っていればきっとお父様は癌と闘う気力を失わず頑張ってくれるのではと思います。
千穂
2006/12/02 22:55
(続き)
お母様を心配する気持ちもよく分かります。私たち3姉妹、みんな心配しています。一緒にいる母はやはり大変そうで、なるべく力になるようみんなで支えあっているつもりです。家族の大切さを実感しております。
抗がん剤の治療で良くなられることをお祈りしております。
千穂
2006/12/02 22:57
nanaさんへ

無事退院して、ひとまずほっとしております。
疲れたらしく、退院の日(昨日)はずっと寝ていたようです。
nanaさんのお父様は2日入院で、退院してすぐ働かれたとか・・・
私の父より上でいらっしゃるのに、すごいなーと思いました。

nanaさんのお父様もお酒をよく飲まれるのですね。
私の父は病気前より量は減ったものの、酔いやすくなっているようです。
同じことを何度も言ったり(脳転移のせいかもしれません)
母が言うには、いろんな所で尿を出すとか・・・
母が大変そうです。
良いお酒なら心配ないのですが・・・
千穂
2006/12/02 23:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
退院 肺癌と闘う父/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる