肺癌と闘う父

アクセスカウンタ

zoom RSS 父の夢

<<   作成日時 : 2006/11/23 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

姉と子供たちと実家に行った。

昼過ぎに着くと、父は風呂に入っていてしばらくして出てきた。
父の足の細さに少し驚いた。
58キロあった体重が48キロまで落ちた。

日曜に一人で行った時より孫がいる方がやっぱりうれしそうだった。
下の娘は太めで重いのに、「抱っこ、抱っこ」と父の膝に座っていた。
父は「重い」と言いながらもうれしそうだった。

父はガンマナイフを受けることにとても前向きな姿勢を見せてくれた。
こちらで知り合ったnanaさんの話をすると、喜んでいた。
ガンマナイフへの不安が和らいだようだ。
視力が回復したら、以前のように飲食店の仕事につきたいと話していた。

父は私が生まれる前から食堂を営んでいた。
最後の店は一番長く20年間営んでいた。
今回のことで、その店がなくなった時とても寂しそうだった。

父にはまだ夢がある。
だからきっと頑張れる!そう思った。

今日は安心して自宅に帰った。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
千穂さんおはようございます。こちらへお邪魔するのが日課になってしまいました(^^ゞ同じ地域に住み、お互い子育て真っ最中、肺がんと闘う父を支える家族で、とても人事とは思えません。おまけに仕事内容は違うけど自営というところまで同じ♪
お父様の体重が減ってしまったのはご心配ですね。食欲不振からでしょうか?父は抗がん剤のせいで一時食欲が激落ちしましたが、本やネットから食欲不振には「ヒスロンH」が効果的と知りなんとか手に入れました。ダメ元でしたが確かに食欲は回復し、体重も今では元通り。ただ元は乳がんの薬で食欲不振には保険適応でないので、通常処方はしてもらえません。主治医には申し訳ないけど相談しないまま服用しました。平岩正樹先生の著書や今村貴樹先生のサイト「がん患者のあきらめない診察室」でも取り上げられています。
お父様の体調が良くなられ、お仕事に復帰できますよう祈っています!
nana
2006/11/24 08:24
nanaさんへ

大変うれしいお言葉ありがとうございます。
共感してくださる方がいらっしゃる事がこんなに心強いものかと、改めて気がつきました。
親身になってコメントして頂き、とてもうれしいです。

やはり父の体重減少は食欲不振からきております。
抗がん剤のせいか分からないのですが、臭いが敏感になり、大好きだった刺身が嫌いになったり、揚げ物などや米も受け付けないそうです。

「ヒスロンH」というのは知りませんでした。
食欲がないのが心配なので、これ以上食欲不振が続くようなら、父に是非、勧めたいです。
良くなることなら何でもしたいと思っています。

父も働くことができるよう、これから私もしっかり応援していこうと思います。
千穂
2006/11/24 15:08
千穂さん、こんにちは。
「良くなることなら何でもしたい」本当にその通りですね。
でも100%良くなるとわかっているものはないので、まずは体に負担なく、患者自身が納得して、経済的にも負担なく続けられるもので、できれば効果があるという信頼できるデータのあるものがいいですよね。私も毎日ネットや本やメール相談で情報収集しています。
ある医師がブログを作られていて、私はこの先生の信念や考え方を理想としています。ご参考になればと思い以下にURLをコピーしますね。
http://umezawa.blog44.fc2.com/
nana
2006/11/27 15:02
nanaさんへ

いつもコメントありがとうございます。
最もなご意見だと思いました。
紹介して頂いたブログもすばらしい物だと思いました。
これからじっくり読んでいこうと思います。
家族が病気のことを知ることは、とても重要なことですね。
私もこれから、もっともっとたくさんの知識、情報を得るべきだと感じました。



千穂
2006/11/28 22:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
父の夢 肺癌と闘う父/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる